北九州市戸畑区|胃内視鏡検査 トップ

Magen mit markierter Speiseröhre

北九州市戸畑区で胃内視鏡検査を静脈麻酔を使用して行っています。

きとう胃腸科内科クリニック
北九州市戸畑区浅生3-11-11

電話 093-871-3354

胃内視鏡検査を受けるべき人はどのような方か?

どんな時に胃内視鏡検査を受けるべきなのか?

いろいろな病気の内視鏡検査の写真を提示しながら解説とどのようにしたら良いのか?など重要なことに焦点を絞って解説しています。

胃カメラの検査を受けた方が良いと考えられる方

●胃透視などの検診で異常を指摘された方

●胃透視などの検査で良く分からなかった方

この意味は解説が必要です。胃透視は今の日本で都心部では初めに受ける検査ではないように思います。

それは検査が完全にできても「がん」などの悪性の病変を見逃す可能性がある程度の頻度で発生するからです。

もちろん内視鏡検査でも完全ではないのですが・・バリウムの検査の偽陰性・・本当は病気があるのに検査では検査上正常と判断されること・・・が大変多く自分の患者さんも何人も分からなくて見逃されています。

内視鏡検査でも見落としはあり得ますが・・・胃透視の検査では内視鏡検査よりはるかに多くの見逃しがあり得るのです。

一般的には内視鏡検査の方が検査の精度ははるかに高いです。

ただ胃透視が不要な検査か?というとそんなことはありません。

胃の手術をするときはどこからどこまで切除するのか・・そのためには必ず胃透視が必要です。

●貧血が進行している方

●食欲がなく体重が減少している方

●胃がんの家系の方

●ピロリ菌が陽性の方

●ペプシノーゲンの検査で異常値の方

サイトの内容に関しては正しいことを極力書くようにしています。しかし、時期が変わり事実が変わることがあり得ます。

また個人により対応は違います。

サイト制作者は内視鏡学会専門医です。

きとう胃腸科内科クリニック 木藤洋一が作成しています。

このサイトを作ろうと考えた最大の目的は検索エンジンで医学的な内容を検索したときにキチンとした情報サイトが上位表示されないため病気で本当に困っている人に医学的な正しい情報を提供しようとしよう・・・と思ったからです。

医者が作成したから全部正しいとは言いませんが、偏在性のある医学情報を医者以外の立ち場できちんと記載できるわけがありません。

サイト製作者は内視鏡専門医で胃カメラを受ける場合に苦しくないようにするために軽い麻酔の使用をお勧めしています。

胃カメラ(胃内視鏡)は今や胃透視に替わる検査です。

胃がんの発見率などを考えていも胃カメラ(胃内視鏡)を胃透視よし先にすべき時代と思います。

しかし、実際には胃カメラ(胃内視鏡)だけでよいのか? というとそんなことはありません。

胃の手術ではどこまで切除するのか?などを含めてどうしても胃透視は必要な検査なのです。

その為、普段は必要ないかもしれませんが、当然しておかねばならない検査となります。ここが難しいところだと思います。

一般の方にこの内容を良く理解してもらうのは難しいかもしれません。

内視鏡検査の最大の目的は胃がん(胃癌)の以下に早く見つけるか?ですが、出来るだけ予防もした方がいいわけです。

そのためにヘリコバクターピロリ菌を除菌した方が良いわけです。

「胃がんとヘリコバクターピロリ菌」 ヘリコバクター学会が正式にピロリ菌除菌は胃癌を抑制するので全てのピロリ菌感染者はピロリ除菌をすべき・・・と発表しました。

ただ問題は潰瘍がない場合に保険適応がない・・・という問題があります。

最近はハイレベルな施設では胃癌は50%以上、内視鏡検査で治療されていると思います。
今回は社会医療法人 戸畑共立病院より内視鏡治療の画像をお借りし、ESD(内視鏡的粘膜剥離術)の実際の画像をご提供します。

コメントは受け付けていません。